-->
破産申し立てでの手順では、申し立て者はまず申立書を申請する人の住居を受け持つ裁判所に出すことが基本です。申請する人が出した申立書類が来ると地方裁判所は自己破産の認定をする根拠が存在するかどうかなどといったことを審理することになり、審議の終わったとき、申し立て者に返済不能な状況などの要因が十分満たされている場合認可が与えられることとなります。しかしながら自己破産申立の承認がもらえても借金がゼロになったということになりません。さらに免責の判定を受ける必要性があります。免責という言葉は自己破産申立の手続きにおいて支払いすることが不可能である申請人の返済責任に関しては、地裁によりその義務を免除するというものです。簡単に言えば借金額を無かったことにすることです。免責でも自己破産申請の認可の手順と同様で地方裁判所で審査があって検討のあとに、免責の認定が与えられれば、責任から放たれることになり返済額はゼロとなります、結果住宅ローンやクレジット用のカードが使用できなくなることを別にして、自己破産認定者におよぶデメリットからも放たれることになります。なお、免責非認定(返済をゼロにさせない)という判断がなされてしまうと借金そして破産認定者の受ける困難は存在し続けることになります。破産の法律の免責システムは無理もない事由で負債を負って、苦しむ人々を救出する目的の枠組みです。したがって貯蓄を無いことにして破産申請の手続きをしたりといった国に対して不正な申立書を届けるなど破産制を悪用しようとする人であるとか、豪遊などの散財によって多重負債を負った方々の場合、自己破産の許可手続きを取り消したり免責適用許されないです。法的には、免責適用をもらうことができない事例を上で説明した場合の他明記してあってそれを免責不許可の理由といっています。

Link

Copyright © 1997 www.investment-dominican-republic.com All Rights Reserved.