-->
借り入れに関しての引き落し内容は会社の方針に応じて随分差異がありましていろいなやり方が選択されてます。一般的にはスライド方式やリボ払方法などが取り入れられているようです。こんな誰しもがわかっているリボルディング払でも実際のところ算定形式にいろんな方法というものがあったりします。それゆえさのごとき様式に応じて引き落し額が異なってきてしまうので、知っていて損することはないはずです。では易しく両者の方法の差異についてを説明しましょう。ひとつは元金均等払いというもので、二つめは元利均等払いです。両者はその名を冠する通り元本についてを均等に支払っていくという方式と、元金と利率についてあわせて均等に返済していく形式になります。この場では10万円借金したというふうに、実際のところどういう算定をするのかみてみます。利回りをどちらも15%と設定して考えます。更にまたリボに関する支払を1万円とし計算します。ともかく元金均等払いのほうからいきましょう。こんな時の1度目の引き落しは1万円に対して金利分1250円を加えた支払額になります。次の支払いについては1万円へ利息分の1125円を加算した返済となるのです。こういうようにして10回にて返済を終了させると言う方式です。一方で元利均等払いははじめの返済に関しては1万円ですが元金に8750円、金利へ1250円という感じで割り振ります。次の支払いに関しては元本が8750円へと減った状態にて利息を算定し1万円から更にまた割り振ります。言い換えれば元利均等払いの事例では10回で返済が終わらないという計算になります。たったこれだけのずれで両方がどのように変わっているのか十分ご理解頂けたことでしょう。元利均等というのは元金均等に比較して、まぎれもなくもと金が減少するのが遅くなっているといった弱点といったものが存在したりします。則ち利率というものを余計に出すといった状況になります。他方1度目の返済が少額ですむと言う長所というものもあります。こういった支払い方法に関する相違によって返済総額というのが違ってきたりしますからご自身の好みに合った使用法を採用するようにしてみてください。

Link

Copyright © 1997 www.investment-dominican-republic.com All Rights Reserved.