-->
車の保険には自賠責保険と任意保険に代表される二つの分類が用いられています。自賠責保険、任意保険の双方ともに万が一の事故に備えたものですが内容は若干違います。自賠責保険と任意保険を比べると補償が適用されることが差別化されているのです。※相手へは任意保険あるいは自賠責保険の双方で補償されます。※自分自身には<任意保険>を用いて補償されるようになっています。※自分の財産に対しては、『任意保険』によってのみ補償できます。自賠責保険単体では自分への傷害や愛車に向けた賠償などのサポートは受ける権利がありません。また相手へのサポートですが自賠責保険では亡くなられた場合は最大で3000万円、後遺障害時最高額で四〇〇〇万円などといったように定められています。しかし賠償金が前に挙げた額を凌駕することはよくあることに注意しましょう。事故の相手方の所有する車あるいは建物を毀損した際害を加えた人による完全な自己負担となるのです。だからこそ任意保険という別の保険が大切になるのです。害を被った人に対する救済に重点を置く任意保険というものにも実はそれとはまた違う補償内容があるのです。※相手に対しては、死亡時あるいは手傷のほかにも自動車や建築物といった種類の対象物を賠償します。※自分自身へは、同乗していた人も込みで、死亡時やケガを補償してくれるのです。※自己の財産に対しては車両を賠償してくれます。このようにあらゆる面で賠償が万全であるということが任意保険というもののストロングポイントです。保険の掛け金の払い込みは必須となってしまうこととは引き換えに、事故を起こした時の相手方のためにも自動車に末長く乗りたいのであればぜひ任意保険というものに入っておくに越したことはありません。

Link

Copyright © 1997 www.investment-dominican-republic.com All Rights Reserved.